サルの手もかりたい

さるてろぐ.com

経営

だから、僕は起業する。

更新日:

2019年。令和元年。この年は僕にとって最高に良い年らしい。

干支が十二支あるように、人は12年という周期で動いている(色々な説がある中のひとつ)。その12年のなかで今年は僕にとって一番良いんだって!

その後押しを受けて、今年、僕は起業する。この日本だけでもかなりたくさんの人たちが起業し、そして廃業していく。新しく起業した会社の数に対して残っている会社のほうが少ないくらいだ。そのくらいのことは、起業とかビジネスをあまり知らない人でも感じていることだと思う。

けれど僕は起業することを選んだ。小さい時から社長というものに憧れていた。だから自分の会社を持つということは僕の夢の一つでもあったんだ。

だから僕は起業する。

実のところ、これを書いている現在はまだ会社の登記は完了していない。起業のための書類はほとんど完成していて資本金の準備もできた。あとは法務局に行って書類を提出すれば、その日が会社の設立日となる。

意外とあっけない。今まであんなに夢見ていたことがこんなにもあっけなく簡単にできるような時代になっているのか。それとも自分が少しは成長できているからなのか。

少なくとも自分の周りの人たちにはすごくお世話になっているし、そのおかげで今の自分がいるのは間違いない。僕の奥さんを始め、僕の家族、奥さんの家族、仕事上でお世話になっている方々は数知れず。。。

だからきっと、もっと早く起業をしようとしてもたぶんできなかったのだろう。今がその時で、今を逃したらこの先もできなかったのだろうと思う。

人にはみんなそれぞれに、その時のタイミングがあるのだと思う。

僕は数年前に、日本体育協会(現・日本スポーツ協会)公認アスレティックトレーナーという資格を取得した。しかし、この資格を取るまでには6年を費やした。自分でもよく取れたなと未だに感心する。でもこの時の僕はその資格がどうしても必要だった。

その当時働いていたのは神奈川県内では有名な私立の高校サッカー部。そこでトレーナーとして働いていた。その部で働き続けるためにはアスレティックトレーナーの資格が必要になった。というよりも、その資格を取るために実習がてらそこの高校サッカー部にお世話になっていたのだ。

そうなると、是が非でも資格を取らねばならない。おそらく僕は、お世話になった人のためなら結構頑張れるらしかった。

今まで以上に勉強に専念して、アスレティックトレーナ-の資格を取ることに成功した。この成功体験は僕にとってかなり大きく、一生忘れないだろう。

今現在、僕は整体院の院長として経営をしながら生活している。ここまで来るのにはあったのだが、話すと長いのでこのブログでまたお話したいと思う。

このブログでは、僕の会社『合同会社マキノ』の紆余曲折、浮き沈みを面白おかしく書いていきたいなと思っています。

もし気が向いた時に、お読み頂けたら嬉しいです。

-経営
-, , , ,

Copyright© さるてろぐ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.